妊婦の体重増加目安が引き上げに!低出生体重児の増加が要因(日本産婦人科学会:2021年3月6日)

病気・健康管理

妊婦体重増加の目安が引き上げに

2021年3月6日、日本産婦人科学会は、妊婦の体重増加について新たな指標を公表しました。

従来の指標では、2006年に策定された厚生労働省による「妊産婦のための食生活指針健やか親子21)」が目安となっていました。

日本産婦人科学会は2015年~2017年の出産データをもとに、妊婦の体重や妊娠週数、出生体重などを分析した結果、妊婦の体重増加の目安を見直すこととなったようです。

BMI(体格指数)=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
体格区分BMI(旧)推奨体重増加量(新)推奨体重増加量
低体重(やせ)18.5未満9~12kg12~15kg
普通18.5以上25.0未満7~12kg10~13kg
肥満25.0以上30.0未満個別対応7~10kg
30.0以上個別対応個別対応(~5kg)

BMI30.0以上の場合を除いた全ての体格区分において、従来の指標よりも体重増加を推奨しています。BMIが18.5未満の痩せ区分や、18.5以上25.0未満の普通区分では、従来の基準よりも3kgの増加となりました。

今回公表された新たな指標を基に、今後、厚生労働省は指針を改定する予定です。そうなると、母子手帳の記載も見直されるでしょう。

体重増加目安の見直しが検討される要因となったのは、低出生体重児の増加です。次項以降では、低出生体重児について詳しく解説していきます。


低出生体重児の増加

体重増加指標の見直しの要因となった、低出生体重児の増加について、詳しく見ていきましょう。

低出生体重児とは

低出生体重児とは、体重が2500g未満で生まれた赤ちゃんを指します。さらに低出生体重児の中でも、1500g未満を極低出生体重児、1000g未満を超低出生体重児と呼びます。

出生体重出生児の分類
4000g以上高出生体重児
2500g以上4000g未満正出生体重児
2500g未満低出生体重児
1500g未満極低出生体重児
1000g未満超低出生体重児
低出生体重児未熟児
以前は、2500g未満で生まれた赤ちゃんを未熟児と呼んでいました。
身体の様々な機能がまだ未熟という理由からこう呼ばれていました。
しかし、小さく生まれた赤ちゃんでも身体機能に問題がなかったり、反対に大きく生まれた赤ちゃんでも身体機能が成熟していなかったりすることもあります。
そのため、現在では未熟児という言葉はあまり使われず、低出生体重児と呼ばれることがほとんどです。

低出生体重児が40年間で1.8倍も増加

上のグラフは、日本における低出生体重児の割合を示しています。(厚生労働省:人口動態統計の数値を参照)

低出生体重児の割合は、1980年頃から増加傾向にあります。1980年(昭和55年)には5.2%でしたが、2015年(平成27年)には9.5%にも上昇しており、約40年間で1.8倍も増加していることになります。

出生体重を世界的に見ると、その国の経済状況を反映すると言われています。
つまり、発展途上国では出生体重が低く(低出生体重児の割合が多い)、先進国では出生体重が高い(低出生体重児の割合が少ない)ということです。

日本は経済的にも安定しており、栄養環境にも恵まれているにも関わらず、低出生体重児の割合が高いという現状は、世界的に見ても非常に珍しい国と言えます。

低出生体重児増加の要因とは?

低出生体重児が生まれる要因としては、様々な理由が考えられます。例えば、妊娠高血圧症候群や常位胎盤早期剥離、羊水過多症、羊水過少症、妊娠中の喫煙などが要因となることがあります。

様々な要因がある中で、低出生体重児の増加の要因の一つとして、若い女性の瘦せ傾向が影響していると考えられます。

上のグラフは、日本における20~29歳の女性及び30~39歳の女性の平均BMIの推移を示しています。(国立健康・栄養研究所:国民健康・栄養調査の数値を参照)

1970年前後から若い女性のBMIは低下傾向にあり、近年の女性は瘦せ傾向にあると言えます。これは、痩せ願望や美容目的から、体型を気にする女性が増えたことが背景にあると考えられます。

このように、若い女性の瘦せ傾向によって低出生体重児が増加傾向にあるため、妊婦の体重増加目安の見直しが行われました。

【体験談1-8】妊婦の体重管理、目安や方法について。記録用おすすめアプリや食事、運動についても紹介
妊娠中の体重管理について悩む妊婦さんは少なくありません。ここでは、妊娠中の体重管理がなぜ必要になるのか、体重増加の目安やBMIについて解説した上で、私の体重管理の方法と実際の体重推移をご紹介したいと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました